岡山で浮気調査・行方調査・素行調査・いじめ調査・ストーカー調査・DV調査なら総合探偵ゼストインポッシブルまで!


 
ホーム ご予約・お問い合わせ
 
 
 
スマホサイトQRコード↑↑↑
 
 
 
 
 
 


2022年11月17日更新

 

浮気相手が交際相手を既婚者と知らなかった場合




浮気調査が終了し、不貞の証拠がきちんと収集出来たので、配偶者と浮気相手に対して話をした際に、その事を浮気相手に伝えたら、浮気相手は「既婚者である事を知らなかった」と言った場合は、このような場合はどうなるのでしょうか?

本当に既婚者とは知らず、交際開始から独身だと疑わず交際していた場合は慰謝料の支払い義務はありませし、むしろ、この場合は浮気相手から騙されていたと言う事になります。

しかし、このようなケースはあまり無く、ほとんどの場合は既婚者であることを知った上で不貞行為に及んている事が殆どです。

ただ、相手を庇う為に口裏合わせをする事が多々ありますので要注意だと思います。

上記のような傾向がある場合は開き直りが厳しいケースです。





★調査サービスなら
なら信頼と実績の
ゼストインポッシブルまで!

探偵業届出証明書番号
岡山県公安委員会
第72130012号



相談専用フリーダイヤル365日・24時間対応
日・祝・夜間、歓迎 (深夜でも遠慮なくご相談下さい)



 

  店舗概要 ゼスト イン ポッシブル

■社 名:ゼスト イン ポッシブル
( Zest-In-Possible )
■所在地:所 在 地:岡山事務所 (岡山相談窓口)
〒700-0933 岡山県岡山市奥田二丁目6-32 スカラトーレ1F
【 JOYFIT奥田店前(岡山南高等学校近く】
■電 話:086-238-8330(代表)

■フリーダイヤル:24時間対応)

■メールアドレス:zestinpossible@gmail.com









Copyright © 2020 総合探偵ゼストインポッシブル All rights reserved.
by 総合探偵ゼストインポッシブル